読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラクエみたいに成長を目指す

ドラクエのようにコツコツ成長を目指していくブログです。色んなジャンルが混じった雑記ブログとなります。複数人で記事を書いていく予定です。

身長を伸ばす方法で、ひょっとしたら身長が伸びるかもしれない?

f:id:sntenryan:20161214021150j:plain

身長を伸ばす方法

 

 

身長が低くて悩んでいる方や、もう少し身長を伸ばしたいと思ったらやってみる価値はあると思います。

 

『あくまで伸びるかもしれない』なので、この方法で伸びるかもしれませんし伸びないかもしれません。

 

『へー、そうなんだぁー』くらいの気持ちで読んでもらえるとありがたいです。

 

皆さんはご存知ですか?

 

現在世界で1番平均身長が高い国があります。

 

どこの国かお分かりですか?

 

f:id:sntenryan:20161214020900j:plain

 

 それはオランダです。

 

 

オランダの若い人達って身長が高くなると言われる運動をしてなくても白人や黒人など人種が違っても高身長です。

オランダは移民の方々も多い国ですが人種関係なく大きいです。

身長は遺伝すると言いますが、結構両親よりも高身長の方々は多いです。

 

 

必ずしも遺伝するとは限らないです。

 

 

身長を伸ばすのに大事なのは食事かもしれません。

その証拠に現在世界で1番平均身長が高いオランダも戦争が起きていた時期などは、充分に栄養がとれず身長も低かったようです。

貧困が深刻なフィリピンやカンボジアなど満足に食事が出来ない国々は低い身長の方々が多いです。

食べる物によってカラダは絶対影響を受けます。

 

例えば筋力トレーニングをしても筋肉の材料となるタンパク質を摂取しなければ筋肉はそれほど大きくなりませんが、充分なタンパク質を摂取すれば大きくなります。

タンパク質を摂取すれば筋肉が大きくなることをボディービルダーなどのアスリートは知っているのでタンパク質が豊富なプロテインや食べ物を毎日摂取します。毎日の積み重ねが大事です。

心筋梗塞脳梗塞なども遺伝すると言われますが遺伝と言うより病気になった親と同じ塩分の強い食べ物を食べ続けた結果、親と同じ病気になります。

骨というのは骨のまわりはカルシウムで骨の内部はコラーゲンで出来ているそうです。

骨の材料になるコラーゲンを積極的にとりましょう。

 

オランダの食事では、よくチーズや豆類を食べます。

 

チーズはタンパク質、豆類は成長ホルモンを促す亜鉛などが豊富に含まれてます。

 

オランダの食生活を真似することで高身長になれる可能性がかなりありそうです。



身長が高い国はオランダ以外にもヨーロッパの地域は身長が高い国が多く、食事にはチーズや豆類を取り入れる国がかなりあります。

タンパク質は体の中で分解されるとコラーゲンになります。

 

コラーゲンが骨や皮膚、髪の毛などのもとになるそうで、さらにビタミンCを摂取することでコラーゲンとコラーゲンの結び付きが強固になるようです。

しかし普段の食事からコラーゲンは充分に摂取することは出来ません。

 

とくに少食の人達は全然摂取できていません。

 

そこで手軽にとれるサプリメントがおすすめです。

食事で充分コラーゲンが摂取できないときにおすすめです。

 

普段から鶏肉や牛乳などを食べているなら必要ありません。

 

身長の高い人は、よく食べます。

 

身長を伸ばしたいならたくさん食べるようにしましょう。

男性は25歳前後、女性は18歳前後まで身長が伸ばせるみたいなので身長を伸ばしたい方々は、諦めずに今までの食生活にオランダのようにチーズや豆類、コラーゲンが含まれる食品を取り入れて挑戦されてはいかがでしょうか?

 

身長が伸びるとされる年齢はあくまでも目安で、30歳で伸びる人達も結構います。

格闘家のK-1でも活躍したレイ・セフォー選手も30代後半で180センチから現在183センチになってますし、オランダ出身のアリスター・オーフレイムもデビュー当時は190センチでしたが現在は195センチになっています。

よく筋肉をつけすぎると身長は伸びないと言われますよね。

 

しかし、アリスターオーフレイムは身長が伸びてるので、"筋肉をつけると身長が伸びない"は迷信でしょう。

諦めずに伸ばしましょう!!他にも大食いで有名になったジャンボ●●さんは190センチから195センチになってます。

 

普通の人が身長が大きくても人生が成功するとか異性にモテるかと言えば、必ずしもそうではありません。

 

しかし、スポーツの世界などは身長が大きいほうが有利なスポーツがたくさんあります。

ちなみにオランダの平均身長は181センチで日本は171センチです。

 

アメリカは意外に175センチでした。もっと大きいと思ってましたね。

僕は身長が175センチありますが、両親は父親が168センチ、母親が163センチです。

 

しかも運動は中学生の時にサッカーをやっただけです。

 

身長は決して遺伝で決まりません。

 

運動だけでも決まりません。

1番必要なのは食事だと思います。

 

自分の食生活を思い出すとチーズをよく食べてました。

 

昔はカルシウムで背が伸びると言われていたのでカルシウムをとる為にチーズを毎日食べてました。

カルシウムと言えば牛乳でも良かったのですが牛乳が苦手だったので代わりにチーズを食べてました。

 

他にもマシュマロも好きでした。

最近になって調べてみるとチーズには豊富なタンパク質が含まれていてマシュマロはコラーゲンが含まれているのがわかり、コラーゲンは肌や筋肉、髪の毛、関節などあらゆるカラダのもとになる栄養素で身長が伸びる為に必要な栄養だと知りました。

成長期を過ぎても諦めないでください。

 

身長が伸びる為には成長期にしか活動しない骨端線「こつたんせん」にいる細胞が増殖して身長が伸びるそうです。

成長期を過ぎると骨端線は閉じてしまいます。

 

ここが閉じると医学的には身長が止まるそうですが、昔テレビ番組で美容の為に毎日マシュマロを食べていた女性が7センチも身長が伸びたことがありました

その女性は骨端線が閉じていてどこが伸びたのかレントゲンで撮影した結果、首から腰の辺りまでの背骨の骨と骨の間にある軟骨1つ1つが厚みをまして身長を伸ばしていたんです。

医学的にもめずらしいしと、検査したお医者さんもビックリしてました。

ということは、成長期が終わって骨端線が閉じてしまっても背骨の軟骨が伸ばせる可能性があるということですね。

女性が毎日マシュマロを食べていた様子をテレビで観た時の食べ方は暖かい玄米茶の中にマシュマロを溶かして飲んでいましたよ。

玄米茶にビタミンCが含まれていてビタミンCはコラーゲンとコラーゲンの結合に重要らしいです。

 

マシュマロよりもコラーゲンが豊富な食べ物にすっぽんがあります。

 

よくコラーゲンを摂取すると腰やひざの痛みを軽減させることが出来るといわれますよね。

 

おそらくマシュマロなどと玄米茶を一緒に摂取すると腰やひざの痛みも和らぐ可能性があるかもしれませんよ。

僕は175センチで満足してますが、もし貴方がスポーツなどで活躍したいならオランダの食事のようにチーズや豆類を食べたりマシュマロなどコラーゲンが豊富な物を食べて玄米茶を飲む週間を毎日続けてみてはいかがですか?

女性は主婦でしたし成長期を過ぎても大丈夫みたいですよ。

 

約1年で7センチも伸びたそうです。

ここに書かれている情報はあくまでも僕自身の食生活を書いたもので必ず毎日続けてマシュマロやチーズを食べたからといって絶対身長が伸びるとは限りません。

可能性があると言うことです。

 

現在身長が伸びている気配が無いならやってみることです。

 

何もしなければこれからも身長は伸びないでしょう。

 

また歳を重ねるごとに身長は縮んでしまいます。

身長が縮む原因は背骨と背骨の間にあるクッション部分の水分量が減ることで縮むそうです。


カルシウムは骨の強化や材料になりますが身長が伸びることはありません。

 

昔はカルシウムをたくさんとれば、身長が伸びると言われてましたけど最近ではカルシウムでは身長が伸びることはないらしいです。

骨を作るのはタンパク質が必要みたいです。

 

1日に必要なタンパク質をとるには、ダイエットは禁物です。

 

毎日しっかり食事をすることです。

 

タンパク質は分解されてコラーゲンに変わるそうです。

身長を伸ばしたいならダイエットは絶対止めましょう。

 

痩せたい時は運動をすることです。

 

筋力トレーニングと有酸素運動で痩せます。

 

食事を抜いて痩せようとしないことです。

身長を伸ばすのに食生活は絶対見直した方がいいです。

 

身長の低い両親と同じ食生活だと、やはり身長は低くなります。

 

身長は遺伝と言うより、身長の低い両親と同じ食事内容が良くないです。

身長を伸ばしたいなら普段の食事にプラスしてコラーゲンが豊富なマシュマロなどを食べたり、タンパク質が豊富なチーズなどや亜鉛が豊富な豆類を多く食べるようにしましょう。

他にもタンパク質が豊富な食品に鶏肉やイカ、タコもあるので毎日食べるようにしましょう。カラダを大きくするならそれなりに食事もたくさん食べなければなりません。

お相撲さんなら筋肉と脂肪をつけなければならないので、筋肉の材料になる鳥肉や豚肉、牛肉などと脂肪の材料になるご飯や麺類などの炭水化物を摂取します。

 

ボディービルダーは筋肉だけ必要になり筋肉の材料が必要なので鳥肉とサラダ中心の食事を摂取しています。

身長を伸ばしたい方々は、ご飯はお茶碗1杯程度でタンパク質の多い食生活がいいと思います。

 

カラダを大きくするということは食費もかなりかかります。

例えば毎日マシュマロを食べるとします。

 

マシュマロだけでも1袋100円なら毎月3100円必要になります。

他にもチーズや豆類の食費も合わせると毎月1万円くらいは、普段の食事の食費にプラスされることになります。

 

カラダを大きくするということは結構、お金がかかります。

なるべく毎日3食、食事をしましょう。

 

身長が大きな人達はよく食べます。

 

他の地域ドイツも身長が高い人達が多いです。

 

この地域でも食事にチーズや豆類のスープを食べるようです。

 

朝からパンにチーズをはさんで食べてます。女性もスタイルが良くて大きいです。

最近の研究で、乗り物酔いを防ぐ酔い止め薬の成分に含まれるメクリジンが身長を伸ばす作用があることがわかったそうです。

 

なんでも軟骨細胞の増殖を抑えているものの影響を弱める作用があるそうで、これを摂取することで軟骨細胞が増殖し身長を伸ばすことが期待されているそうです。

 

しかし軟骨細胞の素となるのがコラーゲンなどのたんぱく質で、たんぱく質が充分にとれてなければメクリジンを摂取しても意味がないと思います。

 

しっかり毎日たんぱく質を補うようにしましょう。

切断した指がコラーゲンで再生?

 


皆さんはご存知ですか?

 

不慮の事故で切断してしまった指をコラーゲンで再生できることを、切断してしまった指の傷口にコラーゲンの粉末をかけ続けることで指はもちろん、爪や骨、指紋まで再生できるそうです。

 

コラーゲンってすごいですよね!詳しく知りたい方は「切断した指をコラーゲンで再生」を検索してみてください。



■コラーゲンが豊富な食品一覧

鶏かわ、豚足、魚の皮、鶏肉、すっぽん、フカヒレ、牛すじ、マシュマロ、どじょう、うなぎ、なまこ、イカ、タコなどです。コラーゲンだけ摂取しても駄目らしくビタミンCも同時に摂取を心がけましょう。

 



コーヒー牛乳やオレンジジュースなどに混ぜると飲みやすいです。
ビタミンCは、コラーゲンとコラーゲンを結び付ける働きがあるそうです。食中や食後にとるといいでしょう。
ビタミンCは緑茶や玄米茶、レモン、ミカン、ピーマン、のり、パセリ、アセロラなども一緒に食事で摂取しましょう。



1日に必要なコラーゲンは5g[5000mg]だそうです。身長を伸ばすなら10gは必要になります。
さんまだと5gとるのに16匹で10gなら32匹も食べなければいけません。

鶏ガラスープだと5gは1.2リットル、10gだと2.4リットル

鮭だと5gは250gくらいで、10gだと500g

マシュマロだと5gは250gくらいで、10gだと500g

手羽先だと5gは4本:約140gで、10gだと8本:約280g

牛すじだと5gは約16gで、10gだと約32g

うなぎだと5gは約14gで、10gだと約28g

フカヒレだと5は約7gで、10gだと約14g

コラーゲンは高い温度で溶けやすく低い温度では固まる性質があります。コラーゲンを摂取するときは温かい飲み物と一緒に取ることをおすすめします。マシュマロやサプリメントなど


ここに掲載している方法で必ず身長が伸びるとは限らないので、ご理解ください。個人の感想です。また、身長が高い人達は食欲もありたくさん食べます。食費も結構必要になります。

あまりにも低身長の場合は病院を受診されることをオススメします。



日本は100年間で10センチ平均身長が伸びましたが米国や欧州は20センチも伸びているそうです。やはり外国で食べられているチーズや肉類をもっと積極的に食べるようにしましょう。

 

身長は運動で伸びるのか?

僕は研究者でもないのでわかりませんが、個人的には運動すれば身長が伸びるとは一概には言えないと思います。

身長が高いと言われるバスケやバレーボール選手の中にも身長の低い人達もいますし、身長の高い選手の中には、もともと身長が高いからバスケやバレーボールを始めたと言う方々も結構います。

それに身長の高い選手を必要とするスポーツでは身長の低い選手は外されていくので、結果的に身長の高い選手だけになってしまうようです。

体操選手では、身長の低い選手が多いので体操は身長が伸びないと思いがちですが、体操をやっていても身長の高い人達はいますが、160㎝前後のほうが体操には適した体格らしく、大きな選手は外されていくようです。

実際に勉強ばっかりでスポーツを全然してない複数の友人達も180センチ前後がいますし、運動をしてる友人よりも体格が良いです。

例えば部活で同じ時間や同じ内容の運動を全員が行ってても、みんな身長はバラバラですよね。

しかし運動にはホルモンを促す作用があり、身長を伸ばすのに必要な成長ホルモンなどを促したり適度な運動をすることで食欲がでたり速やかに睡眠出来たりするので重要だと思います。

 

運動の中には減量をしなくてならないものがあり、これらのスポーツは若干ですが身長に影響があると思います。

ボクシングや柔道などの競技は減量があるので身長を伸ばしたいなら、若い時は試合の参加はしないほうがいいと思います。

 

あとは運動のしすぎで食欲が無くなることもあるので、無理をしない程度に運動は行いましょう。

身長と食生活には、関係があるようで、食事を充分に食べることが出来ない地域では身長が低いようです。

昔の日本も野菜中心の食生活で100年ほど前は、150㎝前後だったのに対して肉類中心の食生活になった今では男性で170㎝まで平均身長が伸びました。

 

タンパク質をたくさんとれる食生活にしましょう。

身長が伸びる成長期を過ぎてバスケットやバレーボールなどの運動をしても、おそらく身長は伸びません。

 

なぜならプロの選手は毎日練習をします。

 

しかし毎年プロフィールを見ても、ほとんどの選手は伸びてませんよ。

 

 

身長を伸ばす方法」睡眠

食事と同じくらい重要なのが睡眠だと思います。

 

身長が伸びるのは睡眠時なので、睡眠は非常に大事です。

とくに22時から2時の間は身長を伸ばすための成長ホルモンの分泌が盛んになるので、この時間帯には眠るようにしましょう。

成長ホルモンを促す為には適度な運動をして熟睡出来るようにしましょう

暑い夏場は熟睡出来ない時もあるので注意が必要です。

 

それと寝る前に甘い物を食べたりすると成長ホルモンの分泌に悪影響があるらしいので寝る前は甘い物を摂らない様にしましょう。

友人でも夜遅くまで勉強をしている友人がいたのですが、身長は低かったです。

眠りやすくするには太陽を浴びて適度な運動を行ったり、入浴すると眠りやすくなるそうです。また寝る2~3時間前には、照明を薄暗くすると眠くなるようです。

照明を暗くしてもテレビをつけたり携帯やスマホ、パソコンなどを観ていると眠れなくなるようなので寝る時は観ない方がいいです。

ある一定の暗さになると、成長ホルモンや細胞がふえたり、カラダの修復をするようなので、寝る時は絶対に部屋を暗くしたほうが良さそうです。

 

明るい部屋で寝ると細胞の活動が悪かったり成長ホルモンも分泌されないそうです。

しかし、成長ホルモンが出てもカラダをつくる材料が無ければ身長は伸びません。

 

だから毎日しっかり食べることも必要です。

お隣りの国、韓国は平均身長が日本よりも2~3センチ高いのをご存知ですか?

 

彼ら、10代の平均睡眠時間は6時間前後らしいです。

 

理由は学歴社会にあり受験勉強で睡眠時間が少ないそうです。

しかし睡眠時間が少ないわりに日本人よりも平均身長が高いのは、やはり食事が関係しているようです。

 

アメリカ人のように肉を中心に食べるそうです。

 

驚くことに多くの韓国の学生は運動量も少ないそうです。

やはり食事が1番重要なようです。

 

タンパク質の少ない魚はお勧めしません。

 

本来ならば身長を伸ばすということは大間食でなければなりません。

 

大きい人たちはたくさん食べますよね。

 

たくさん食べれない人たちはタンパク質の凝縮したプロテインなどのサプリメントを取らなければ絶対大きくなれません。

 

身長を伸ばすということは結構大変なことです。

 

身長は遺伝するのか?

よく身長は遺伝するから諦めたほうがいいと言われる方々がいますが諦める必要はありません。

 

あなたの周りにもいませんか?

 

おじいちゃんやお父さんよりも大きなお子さんがいる家庭ってよく見ますよね。

 

必ずしも身長は遺伝では決まらないと思います。

むしろ身長が低い家庭は環境や食生活が影響してると思います。

勉強熱心な家庭で、あまり睡眠をとらない環境や身長の低いご両親と同じ食生活だと身長にも影響があると思います。

夜遊びもよくありません。

遺伝の話しになりますが、おじいちゃんがハゲでお父さんもハゲの家系でその息子も遺伝でハゲるとよく言われますが、実はハゲは必ずしも遺伝しないらしいです。

身長も同じで必ずしも遺伝で決まるわけでは無いので諦めるのはもったいないと思います。

おそらくですが、あなたの方が両親よりも身長が高くないですか?

おそらくご両親が子供の時よりも栄養価の高い食べ物を食べれるようになっているためだと思います。

平均身長が高いオランダや周辺の国々でも身長が伸びない時期が発生していて、それは戦争などで食料危機におちいり国民が飢餓状態の時です。

 

オランダでお年寄りに出会うと小さい方々が結構います。

あまり食べる物が無くて充分に栄養がとれないと身長に影響するようです。身長は遺伝というより、約100年ほど前の戦争によって国民が飢餓に陥り低身長になっていた可能性があり、事実現在では食料が豊富になり毎日食事が出来ることで親より身長が高い人達が増えています。

隣国の韓国と北朝鮮で比較してみると食料が豊富にある韓国と食料難である北朝鮮では、10㎝以上も平均身長の差があるそうです。

江戸時代の男性の平均身長が150センチほどだったそうですが、現在は平均17センチになっていますよね。

身長が遺伝で決まってしまうなら、現在の男性の平均身長が150センチじゃないとおかしいと思いませんか?

 

身長が伸びないのは筋トレのせい?

筋トレをすると身長が伸びなくなるとよく聞きますが、ハリウッドスターのアーノルド・シュワルツネッガーは若い時からボディービルをやっていたのに、身長は190㌢あります。格闘家のミルコ・クロコップも幼い頃からウェイトトレーニングをしていたのに、188㌢もあります。サッカー選手のクリスチャーノロナウドも若い時から腹筋や背筋などのトレーニングを行っていて数千回をこなしていたそうです。それなのに、身長は186センチもあります。

小さい時から相撲をしている人達も大きな筋肉がついているのに高身長の方々がいます。

だから、筋トレをしたとしても身長が伸びないとは限らないと言う事です。むしろ筋トレのしすぎで、食欲が無くなることに注意が必要だとおもいます。

無理をしない程度に筋トレをするといいでしょう。

程よく筋トレをすると成長ホルモンの分泌を促すことが出来るそうです。筋肉が大きくなるときに成長ホルモンが出るそうです。

 

筋トレをすると筋肉の修復にたくさんの栄養が必要になるので、たくさん栄養を食事からとるようにした方がいいと思います。修復にはタンパク質をとりましょう

栄養が足りない為に身長が伸びないと思います。

筋トレですが毎日行う必要はなく、筋トレを行ったら約2日休息期間をとりましょう。

 

筋トレで疲労した筋肉の修復が約2日かかるそうです。


カルシウムで身長は伸びない

昔は身長を伸ばしたいならカルシウムの豊富な牛乳を飲みなさいって言われたと思いますし、一度は聞いたことあると思います。

 

今だに雑誌やCMなどでもカルシウムで身長が伸びると宣伝されています。

これは昔、乳製品が嫌いだった子供達へ向けての企業側の戦略だったようです。

しかしカルシウムでは身長は伸びません。

 

身長を伸ばすのはタンパク質です。

 

カルシウムで身長が伸びるなんて言ってるのは日本人だけだと思います。

 

カルシウムは骨の強化には効果があるようです。しかし身長は伸びません。

身長が伸びる場所は骨端線「コツタンセン」と言われる軟骨の部分らしいです。

 

この細胞が必要としているのがコラーゲンなのでコラーゲンを取れば良いと言うことです。

 

コラーゲンの結び付きを手助けするのがビタミンCなので合わせてとりましょう

チーズや鶏肉、イカやタコがタンパク質が豊富なので積極的に食事に取り入れましょう。

 

チーズにはビタミンCも含まれているので身長を伸ばしたいなら毎日食べるようにしましょう。

他にも、タンパク質が含まれている食品は、タマゴや魚、牛肉、大豆、ゼラチン、豆腐、すっぽんなどです。

 

昔、TVで身長が伸びた女性はマシュマロと玄米茶を同時に食べて身長が7㎝伸びていたので、マシュマロがいいかもしれません。

 

身長を伸ばす方法に切断がある

身長を伸ばす方法には足のスネを切断して伸ばす方法があります。

切断して半年という時間をかけて少しずつ骨を伸ばしていく方法らしいです。

この方法は1000万円で出来るらしいですが、神経や筋肉なども切断してしまうので、将来的には運動も出来ないし何らかの後遺症も出るかもしれないので結構恐ろしいです。

 

この手術では、およそ10センチ~15センチ身長を伸ばすことが出来るらしいです。

しかし、この方法は莫大なお金と1年というリハビリ期間も必要なので、現実的には厳しいですよね。(-.-;)

しかもリスクがあるようで、ジャンプするような運動は避けたほうがいいようですし満足に運動することが出来なくなるようです。

手術が嫌な方々は、他にも、シークレットブーツと言う商品があります。

 

シークレットブーツを履くと5㎝から8㎝前後身長を高くすることが出来ます。北●鮮の金●●さんも履いていたそうです。

 

プロテインを飲んでいる

スポーツをしている人達のなかには、小さい頃からプロテインを飲んでカラダ作りをしています。

 

結構スポーツで強いチームは積極的にカラダ作りをしているので、体格が違います。プロテインは高タンパクで1日に必要なタンパク質を摂取することが出来ます。

僕も中学生の時、サッカーをやっていてプロテインを飲んでました。

 

当時は中学1年生で160センチで3年生の時は170センチまで大きくなったので、プロテインは効果あると思いますよ。

昔はかなりマズかったですけど、今ではチョコレート味やバナナ味などかなり美味しくなってますよ。

 

飲み方は朝と運動後や寝る前に飲むようにすると1日に必要なタンパク質を摂取することが出来るそうです。

 

飲みづらい場合はチョコレート味やバナナ味はアイスクリームと混ぜて食べると美味しいですよ。

タンパク質はコラーゲンやアミノ酸に分解されます。

 

しかし分解されるまで時間がかかるので、最初からコラーゲンやアミノ酸を摂取した方が効率的だと思います。

スポーツ用品店に行くとコラーゲンの粉末も売られてます。

 

通販でも購入することができます。

 

そのままではマズイので、コーヒー牛乳やオレンジジュースなどに混ぜて飲むと飲みやすいですよ。

また、すっぽんもコラーゲンが豊富だしマシュマロも豊富なので自分に合う物を食べると良いでしょう

 

 

 あの横綱も小さかった

 

 

今、大活躍している大横綱白鵬」さんも、モンゴルから日本に来た時は、175㌢しかありませんでした。日本に来た時は15歳くらいだったと思います。それから稽古はほとんどさせずに、たくさん食べることをさせて、たくさん睡眠をとらせていたらしいです。

すると、19歳の時には、193センチまで身長が伸びたそうです。

 

彼のご両親は大きくありません。

 

やはり遺伝は関係ないと思います。

 

身長が伸びる為には環境が大事だということがわかります。

 

横綱の場合は太る為に、ご飯などもたくさん食べていたでしょうけど、身長を伸ばすだけなら、高タンパク質の食品と成長ホルモンを促す豆類やコラーゲンの結び付きをよくするビタミンCをたくさんとれば充分でしょう。

彼は、チャンコ鍋の具とチャンコ鍋のスープを飲んでたようです。チャンコ鍋は、鶏肉や豚肉で作られていて、スープにはコラーゲンが豊富に含まれていたと思います。

 

 他にも、相撲を引退したモンゴル出身の元横綱は、20代前半では182㎝でしたが引退するころには184㎝まで伸びてました。

 

しかも夜遊びしてたし、身長が伸びないと言われる20代にもかかわらず2㎝も伸びてます。夜遊びしなければもっと伸びてたかもしれません。

僕の友人は、高校3年までは、167㎝だったのに、大学に入ってから11㎝伸びて178㎝になったので諦める必要は無いと思います。

 

身長が伸びない生活習慣

身長が伸びない悪い生活習慣は、夜に部屋が明るい状態で眠ることです。暗いと眠れないと言う人達もいますが明るい状態では身長を伸ばしたい方々に悪影響です。

電気をつけたままで明るい状態だと、成長ホルモンの分泌が抑制されてしまいます。必ず寝る時は部屋の明かりを消すことです。

友達にお医者さんを目指していて、夜遅くまで勉強をしていた友人がいましたが、彼は電気を点けたまま寝てしまうことが、よくあったようです。

彼の身長は162㌢で止まってしまったようです。寝るときは必ず電気を消しましょう。睡眠は大事だと思います。

次に食事をあまり食べない生活です。身長が高くなる子供達はみんな普通の子供達よりも食べます。大人になっても沢山食べます。

食事を食べないのも良くありません。身長を伸ばすには、充分な食事が大切です。食事を抜くダイエットは絶対しないことです。

毎日3食、食べることを心がけましょう。チーズや肉類などタンパク質をとりいれましょう。

タバコを吸うのも良くない言われているので控えめにしましょう。あとは、過度なストレスもよくない様です。ストレスは適度な運動「ウォーキング」などを行うと減少するようです。

芸能人でも子役から芸能界で活躍していた人達は、身長が低い人達が多いです。これは海外の子役でも同じみたいです。おそらく過度なストレスを受けると低身長になるようです。

 

「ストレッチ」

身長を伸ばす方法にストレッチが有効と書いているところもあるようですが、体が柔らかくても柔らかくなくても、あまり関係ないようです。

 

例えば相撲や柔道、レスリング、バレー、ダンス、野球、サッカー、新体操などあらゆるスポーツではけが防止にストレッチをしていますが、必ずしもみんな身長が高いとは言えないですよね。

 

しかしストレッチの良いところは硬くなった関節や筋肉をほぐしてくれます。

 

その結果、ゆがんだ骨の位置が元の真っ直ぐの位置に戻るので数センチ身長が伸びるようです。

ストレッチは適度に行ったほうがいいようで、日頃の悪い姿勢や重い荷物を、いつも同じ肩や手で持ち続けていると骨が歪んで、また身長が低くなるようです。

ストレッチの行いかたですが、ゆっくり「約30秒」痛みを感じない程度に行いましょう。反動をつけたりすると筋肉を痛めたりするようなので気をつけてください。

 

以上で身長が伸びるかもしれない方法でした。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク