読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラクエみたいに成長を目指す

ドラクエのようにコツコツ成長を目指していくブログです。色んなジャンルが混じった雑記ブログとなります。複数人で記事を書いていく予定です。

美ら海水族館は海好き魚好きにはたまらない。センチュリオンホテルもいいよ

沖縄


f:id:sntenryan:20161226032402j:image

沖縄県国頭郡本部町にある『美ら海水族館』、テレビで紹介されているのを観た時から一度は訪れてみたい場所でした。

 

沖縄県にツアーで行く機会ができ、念願の美ら海にやってきました。

 

飛行機で沖縄県那覇空港に着いたら、すぐに美ら海に行けると思ってましたがバスで1時間半もかかるところにありました。

 

高速道路を使って1時間半なので結構遠いですね。

 

沖縄って曇り空が多い感じがします。

 

それに暖かい、冬だけでも住みたいくらいです。

 

美ら海水族館の料金

 

料金

大人は通常だと1850円、20名以上の団体だと1480円、16時~は1290円

 

年間パスポートは3700円

 

高校生は通常は1230円、団体は980円、16時~は860円

 

年間パスポートは2460円

 

小学生から中学生は通常は610円、団体は490円、16時~430円

 

年間アスポートは1220円

 

6歳未満は無料になってます。

 

僕はツアーで来たのでチケットを貰って直ぐに入れました。

 

営業日は8時30分~17時30分

 

夏は19時まで開いているようです。

 

12月の第一水曜日と木曜日は休園日なので気をつけてくださいね。

 

上の写真は帰りに撮影しました。

 

お昼頃は人が多すぎて撮影が大変です。

 

園内には公園もあるので小さなお子さんも遊べます。

 

たぶん水族館の周りの公園は無料だと思います。

 

料金がいるのは水族館だけだと思います。

 

公園の周りに警備員さんたちもいて、草むらに行かないように声かけしてくれるので安心ですね。

 

沖縄と言ったら毒蛇のハブがいるから、草むらに近寄った時に声かけしてくれたと思いきや、ほとんどハブを見ることは無いそうです。

 

十数年ずっと沖縄に住んでいる方でもハブを見たことが無いくらい、開発が進んでいる場所にはハブはいないそうです。

 

草むらに言ったらいけないと声かけしてくれた理由は、転んでしまったり危ないからだったようです。

(/ω\)  

 

ハブって夏の道路に1時間放置されただけで☆になってしまうそうで、1時間も生きていけないそうです。

 

意外ですよね。

 

驚いたのは、那覇空港周辺って自然が少ないです。

 

凄い開発が進んでるなぁ~』って感じでしたね。

 

あとは川が綺麗じゃない、都心から離れた場所じゃないと海もそんなに綺麗では無いですね。

 
f:id:sntenryan:20161226055215j:image

美ら海水族館の外にいくと綺麗なエメラルドの海を見ることができます。

 

あいにく夕方だったので本来の姿を観ることができませんでしたが、お昼に見たときは凄い綺麗だったので後で撮影しようと思ったら夕方になってました。

 

晴れた日なんかは凄い綺麗だと言われています。

 

僕が行った時は天候が変わりやすかったので少し残念でしたね。

 

是非、美ら海水族館に行かれた際にはエメラルドの海を観てください。

 

サンゴ礁が魅力的! 


f:id:sntenryan:20161226032446j:image

 沖縄と言えば僕の中では、綺麗な海とカラフルな魚とサンゴ礁なんです。

 

キューバ―ダイビングとかしたことが無いんですが、テレビでサンゴ礁を観るたびに『観てみたいなぁ~』って思ってました。

 

本当に綺麗ですよね~。

 

サンゴは生きていくためには光が大切で、サンゴがいる場所は明るい光が注いでいて、思わず見入ってしまいました。

 

魚も本当に熱帯魚って感じでしたね。

 

本当に海とか魚が好きだと何時間も入れる場所ですよね~。

 

泳ぎに行かなくてもいい!

 

実際に海にいるみたいになるから。

 

しかも室内は涼しくて快適でしたね。

(*´▽`*)

 

ヒトデたちに触れ合える!


f:id:sntenryan:20161226032532j:image

大きなヒトデに触れ合える場所もあります。

 

コブヒトデと言うらしいです。

 

他にもナマコみたいなものなんかもいます。 

 

 


f:id:sntenryan:20161226032621j:image

凄いトゲトゲです!

 

こちらもヒトデの仲間でオニヒトデといいます。

 

このヒトデは知ってました。

 

何で知ってるかと言うと、オニヒトデはサンゴを食べてしまう生き物とテレビでやっていたからです。

 

トゲは猛毒で人間がトゲに刺さると命の危険もあるそうです。

 

オニヒトデも生態系にとっては重要な生き物だと思うんですけど、増えすぎてしまいサンゴを食べるので問題になっているようですね。


f:id:sntenryan:20161226032653j:image

こちらは大きなエビです。

 

イセエビの仲間でニシキエビだったと思います。

 

凄く大きいです。

 

迫力があって、思わず『何これー!』って言ってしまいました。

 

全長1メートルもあるそうで、福岡県のマリンワールドでは全長1メートル30センチもの大きなニシキエビがいるそうです。

 

f:id:sntenryan:20161226065101j:image

ヤシガニもいました。

 

紫色のタラバガニって感じですね。

 

沖縄では食べることができるようです。 

 

こちらも大きくて迫力がありましたね。

 

ジンベイザメが泳ぐ大水槽!


f:id:sntenryan:20161226032805j:image

美ら海水族館といえばジンベイザメが泳ぐ大水槽ですよね~。

 

これなんです、初めてテレビで観て感動したのを覚えてます。

 

これは感動しますね。

 

全長8メートルもある大きなジンベイザメが悠々と泳ぐ姿は圧巻です。

 

しかもジンベイザメが3匹も泳いでますからねー。

(*´ω`*)

 


f:id:sntenryan:20161226032852j:image

3匹のジンベイザメを写真に収めると幸せになれるみたいなこと言ってましたね。

 

ツアーのガイドさんが(*´ω`*)

 

人が沢山いて撮影は大変、でも何とか3匹を収めたかったんですが、1時間粘っても全然でしたね。

 

2匹は仲良く泳いでいたんですけど、もう1匹は一緒に泳いでくれませんでしたね。

 

ジンベイザメの他にも大きなマンタという大きなエイもいましたし、色んなサメも沢山いましたね。

 

ジンベイザメが観れる場所には食事も出来るので、食事をしながら大水槽を眺めることが出来ます。

 

お昼という事もあって、満席だったので食事は諦めました。

(・´з`・)

 

サメの標本なども展示されていて、色んなサメの肌を触ることも出来ました。

 

ザラザラしていてコンクリートみたいな感じの肌もありましたね。

 

センチュリオンホテル


f:id:sntenryan:20161226032959j:image

 この日の宿泊先のホテルはセンチュリオンホテル』

 

センチュリオンホテル』美ら海水族館から徒歩で5分くらいの場所にあります。

 

ホテルから徒歩2~3分くらいでコンビニもあるので便利です。


f:id:sntenryan:20161226033056j:image

沖縄と言えば『シーサー』口を閉じた物と口を開けた物がいました。

 
f:id:sntenryan:20161226055441j:image

口を開けているのは幸運を取り込んで、口を閉じているのは幸運を逃さないようにしているそうです。

 

料理はバイキング 


f:id:sntenryan:20161226033328j:image

夜と朝もバイキングになっていて食べ放題です。

 

このカシスのケーキは美味しくて人気でした。

 

あっという間に無くなりましたね。

 

しばらくすれば出てくるかなぁ?』って思ってましたけど出ませんでしたね。

 

海ブドウもありましたし、料理美味しかったですよ!

 

 

部屋も良かったですよ!

 

朝にカーテンを開くとオーシャンビュー、おもわず『うぉー、スゴッ!』って言っちゃいましたね。 

 

お部屋の写真は内緒にしておきます。

 

旅行に行きたいと思ってネットで全て観てしまうと、頭の中では行った気分になってしまうそうで、行かなくても満足してしまうそうです。

 

なのでネットではすべて見ない方がいいです。

 

ここまで見てしまった方、『ごめんなさい🙇』

 

センチュリオンホテルのお部屋と朝の絶景は是非センチュリオンホテルへ行かれて観てください。

 

その方が感動します!

 

料理も美味しかったし何よりも美ら海水族館から近いので良かったです。

 

またツアーで行けたらセンチュリオンホテルに泊まりたいと思いました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク